週刊 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン
・第3号

 週間 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン、第3号です。
 今回はパーツ点数が多いです。


マガジン

・スターシップ・ファクトファイル
 反乱同盟軍究極の戦闘機:インコム社製 T-65 Xウィング・スターファイター
・銀河系ガイド
 ガス巨星:ベスピン
・宇宙飛行の秘密
 コクピット後部制御パネル
・組み立てガイド
 コクピット・ディテール


 同封パーツ

1. 装甲プレート(TP-2)
2. コクピット・ドア
3. コクピット・ドアステッカー
4. 操縦桿×2
5. スロットルレバー×2
6. 操縦士席×2
7. 乗客席×2
8. 外殻フレーム(TF-1)
9. 外殻フレーム(TF-2)
10. 4穴コネクタ×2
11. 2穴コネクタ×2
12. 2.0×3mmビス(8+予備1)


 組み立て

「外殻フレームの組み立て@」

 第2号外殻フレーム(TF-3)外殻フレーム(TF-4)と、今号の外殻フレーム(TF-1)外殻フレーム(TF-2)を組み立てます。
 組み立ては、
2穴コネクタ4穴コネクタを使用して2.0×3mmビスで連結します。
 組み上がったフレームに第1号
装甲プレート(TP-1)を仮組みしてみます。
 これだけのフレームがあれば80cmの巨体も歪まずに支えられそうに見えますが、コネクタやビスによる接合部位は決して大きい物ではないため、扱いは慎重にした方が良さそうです。


「コクピット隔壁を組み立てる」

 

 コクピット・ドアコクピット・ドアステッカーを貼り、第1号にのコクピット隔壁に取り付けます。
 ドアは奥まっているためステッカーが貼りにくいです。
 その上、ステッカーが縦方向にやや長いため調整しないと綺麗に貼ることが出来ません。
 
コクピット隔壁の凹みにコクピットドアが嵌まるようになっているのですが、コクピット計器ステッカーが少しでもズレていて凹み掛かっているとドアが上手く嵌まりません。
 僕は僅かにズレていたのでデザインナイフでステッカーを削らなければなりませんでした。
 それにしても、ファルコンのドアってこんなに奥まっていたっけ?
 要修正ポイントですね。


「座席と操縦桿、スロットルレバーを仮組みする」

 

 第1号コクピット基部に今号の操縦士席乗客席を取り付けます。
 続いて
操縦桿スロットルレバーを差し込みます。
 座席のデザインがややチープです。
 これでは座れないよねぇ。仕方ないか?
 マガジンで指示されているスロットルレバーの向きは間違いだそうで、右写真の向きが正しいそうです。
 スロットルレバーの差し込みはユルユルなので乗せているだけです。


「コクピット隔壁と制御コンソールを仮組みする」

 先程のコクピット隔壁第2号制御コンソールコクピット基部に取り付けます。
 コクピットが形になってきました。


 今号の組み立てでは、以下のパーツは使用しませんでした。

 装甲プレート(TP-2)






 ← 第3号 → 





  ミレニアム・ファルコン トップページ







inserted by FC2 system